利根川にて2016年11月03日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”<確認種数:23種>

       * 飛翔 二題

<トビ>

<タゲリ>

       * アオジ 九態



  
           *




           *




★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『あら?......』
『あの白い実、どこかで見たことあるわ.......』


『あたいも見たことあるわ.....』
『どこだったかなあ?.....』


『そうだ、思い出したわ!!.....』
『渡良瀬よ!!.....』
『ほら、渡良瀬の緑地公園の駐車場よ!!......』


『何ですって?......』
『緑地公園の駐車場!!?.....』
『そう言われてみれば確かに私もあそこで見たような気がするわね........』


『静かに聞いていれば、どいつもこいつも渡良瀬だの緑地公園だのって......』
『ここは、利根川でしょうに!!......』
『利根川の”住人”がどうして渡良瀬のことをあんなによく知っているのよ?..』 『ちょっと、変じゃない?......』


『変じゃねえって!!......』
『変なのは、このブログを書いている奴だがな!!......』


『このブログを書いている奴?.....』
『はて、このブログを書いているのは誰だったっけ?.......』

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

<ヒメアカタテハ>

遊水地にて2016年11月04日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

    * マガン(幼鳥) 十題











    * カンムリカイツブリ 四態





★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク




『おっちゃんのやつ、朝から何をこそこそやっているのかと思ったら、チョウ の標本なんか作っていたんだ......』
『おっちゃん、おっちゃん!! チョウの標本できあがった!!?.....』
  なに?標本じゃと?.....
  おや、誰かと思ったら、”スズ夫君”じゃないか......
  お前さん、そこからずっと見てたのかい?.....
  わしは下ばかり見ていたので、お前さんには全然気づかなかったよ....
  でも、これはのう、標本ではなく、写真を撮るためにチョウを色画用紙の   上に乗せていただけなんじゃよ......
『写真?.....』
  そうじゃ......
  実はのう、今朝、家の中を掃除していたら、このチョウが部屋の隅っこに   落ちていたんじゃよ......
  チョウの名前はクロコノマチョウといってのう、もともとは雑木林などを   すみかにしているチョウなので、家の中に入ってくること自体珍しいこ   となんじゃが、どういうわけか入っていたんじゃよ.....
『ふ〜ん......』
『で、おっちゃん、そのクロコノマチョウとかいうチョウって珍しいチョウな の?......』
  まあ、今でこそ、この地域でも時々観察されるようになってきたんだが、   もともとは西日本だけに見られたチョウでのう......
  それが、多分温暖化の影響だと思うのじゃが、近年生息域がどんどん北に   拡大してきておるんじゃよ......
  まあ、そういうことで、今回はいい機会なのでしっかり写真に収めてやろ   うと思ってな、それで画用紙を用意したりで、朝からちょっとバタバタ   してたってわけさ......
『ふ〜ん、そういうわけだったの......』


『それにしても、あそこんちはチョウだの鳥だの、実にいろいろなモンが飛ん でくるなあ.....』
『つい最近だって、キビタキさんが飛んで来たし、去年はオオルリさんが飛ん できたでしょ、その前はレンジャクさん、そしてずっと前にはノゴマさんも 立ち寄っていったというじゃないか......』
『知らない人が聞いたら、おっちゃんちはよっぽど山ん中にあるって思ってし まうよなあ....』
『いったい、あそこんちはどうなっているんだい?......』
『やっぱり、鳥さん達も”変人”には興味をもっているのかなあ?.......』
  何じゃと!!?.....
『あら、聞こえちゃった?.....』
  そういうお前さんだって、今日は朝からわしんちの屋根のてっぺんに止ま   って、ヒッカタ、ヒッカタやっていたではないか!!.....
『しまった!!ばれたか!!.......』

松田にて2016年11月05日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

      * ベニマシコ 二態



      * キセキレイ 三態




   * ヤマガラ(入浴シーン) 四態





★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『きれいなお花だこと!!.....』
『あたい、ピンクのお花、大好き!!.....』
『あのお花って、もしかして ツバキかしら?......』

  お〜い、ジョビ子〜!!.....
  それ以上行くと危険だぞ〜!!......


『あら、あの声は、おっちゃんだわ!!.....』
『おっちゃん!!心配してくれてありがとう〜!!.....』
『でも、大丈夫よ〜!!......』
『あたい、この看板の日本語、ちゃんと読めてるから!!.....』
『”アブナイ!! ココカラサキニハイラナイデクダサイ”って書いてあるんで しょう!!.....』


『げっ? あいつ、日本語が読めるんだ!!?.....』
『いつ、勉強したんだろう?.....』
『おらっちも日本語を話したり、読んだりできるようになりたいなあ.....』


『何言ってんだ、あいつは!!?.....』
『今喋っているのは日本語だろうに!!.....』


『ところで、おっちゃん!!......』
『あのピンクの花は、何という花なの!!?......』
  あれは、サザンカじゃがな!!.....
『えっ?サザンカ!!?....』
『ツバキじゃなかったんだ!!......』
  木の根元を見てごらんよ、ほれ、花びら一枚一枚がばらばらになって散っ   ているじゃろう.....
  あれが、サザンカの花の散り方じゃよ.....
  一方、ツバキは、花が丸ごと ごそっと落ちるのが特徴じゃよ.....
  もっとも、ツバキのなかにも”散り椿”というのがあるそうじゃがのう......

茂林寺沼にて2016年11月08日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

     * ミヤマホオジロ 四態





★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『おやっ?.....』
『あれはもしかして、桜の花?.....』
『でも、変よねえ.....』
『季節はこれから冬を迎えようとしているのに......』


『あたし、夢でも見ているのかしら?......』


『お前さん、きっと、タヌキにでもばかされたんでしょうよ.....』
『だって、ここはタヌキで有名な あの茂林寺ですもの......』
『ほら、タヌキがこっちを見ているじゃない!!......』



『ほんとだ!!......』

金山にて2016年11月10日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

       * オシドリ 六態







       * カワセミ 三態




       * アトリ 四態





      * ベニマシコ 二態



★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『おやっ?.......』
『あそこに散らかっているのは、もしかして.......』


『そうよ!!.....』
『あれは、鳥の羽よ!!......』


『この羽はもしかして、アオバトさんじゃないかしら?......』
『そうだよ!!アオバトさんだよ!!.....』
『ほら、見てごらんよ、散乱した羽の中に緑色の羽が混じっているじゃない  か!!.....』


『あ〜あ..... またしても、オオタカの餌食になってしまったか.....』
『可哀想に.....』
『金山でアオバトさんに出会うこと自体稀なのに、よりによって そのアオバト さんがオオタカに狙われてしまうとはねえ......』


『何の因果か知らないが、ここは一先ず、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏.......』

北金井にて2016年11月12日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

      * オオバン 三態




      * アカゲラ 二態



       * アオゲラ 二態



     * ジョウビタキ 三態




★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『ううん?.......』
『対岸に見える、あの情熱的な赤い実はいったい何の実じゃろうか?.....』
『あんまりどぎつくて、わし等年寄りには目に毒じゃがな.....』


『ほんとによく目立つ赤だなあ.....』
『こんな遠くからでもはっきりと見えるよ......』


『あの”赤”は おらっちの背中の青より もっとどぎつい"赤"だぜ.....』
『おらっちがあの実の上に乗ったら きっと 凄い二色効果になるだろうな.....』


『それにしても、何だか不気味な"赤"だな......』


『あたい、たまにはあんな色の口紅つけて飛び回ってみたいわ......』
『そしたら、おっちゃん、あたいのこと何て言うだろうか?......』


『そりゃあ、あなた.... ”ついにお前さんもアオサギの爺様と同じレベルになっ てしまったか!!.....”』
 そう言うに決まってるよ.....
『そう言えば、爺様、今日も意味不明なことをのたまわっていたね......』
『”あんまりどぎつくて、わし等年寄りには目に毒”だってさ......』
『いったい、何言ってるんだろうね......』


『何だか、みんな好き勝手なこと言ってるけど、おっちゃん、あれって、何の 実なの?......』
  あれか?.....
  あれは、ほれ、マムシグサの果実じゃがな!!.....
『えっ?...... あれがあのマムシグサの実だったの!!?.....』
『秋になるとあんなに真っ赤な実をつけるんだ.......』
  そうじゃがな.....
『そう言えば、おっちゃん、今年は何だかマムシに縁があるみたいね.....』
  そうじゃのう.....
  今年は、春から、二回も本物のマムシに出会っているもんな......
『きっと、マムシもおっちゃんのことが好きなんだわ......』
  何じゃと!!?......

多々良沼にて2016年11月13日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

       * メジロ 五題






       * アオゲラ 二態



      * オオバン 三題




     * アオアシシギ 五態






    * カンムリカイツブリ 二題



★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク


『お〜い、おっちゃ〜ん!!......』
『カキ食うか〜い!!?......』
『ここのカキは甘くて美味しいよ〜!!......』
  ”甘くて美味しいよ”って........
  お前さん、わしにカキを取ってくれるんかい?......
『おっちゃん、何言ってるのよ!!?.....』
『カキは甘いけど、世の中はそんなに甘くはないんだよ.....』
『食べたきゃ、ここまで登って来るに決まってるでしょうに!!......』
『いくら歳をとってきたといっても、まだ木登りするくらいの体力は残ってい るでしょう!!....』
『待っててあげるから、早くここまで登っていらっしゃいよ!!.....』
   はあ????......

八王子霊園・緑地公園にて2016年11月14日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

      * ホオジロ 四態





       * ビンズイ 五態







       * アオジ 二態



      * ジョウビタキ 二態



★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『おやっ?......』
『あの青い”玉っころ”は何かしら?.......』


『もしかしたら、”サファイア”かも!!?.....』
『あれで、ネックレスでも作ったらあたしにピッタリだわ!!.....』


『何が”サファイア”なもんか!!......』
『どこに行っても、年がら年中 ヒィこら、ヒィこら、わめき散らしている御仁 がさあ!!.....』
『まったく”サファイアのネックレス”が聞いてあきれるわよ!!.....』


『それにしてもきれいな”玉っころ”だなあ......』


『おっちゃん、あの”サファイア”、じゃなくって、あの”玉っころ”は何な   の?.....』
  おお、あれはのう、”ジャノヒゲ”の実、いや正確には”ジャノヒゲ”の種子   じゃがな.....
『”ジャノヒゲ?......』
『”ジャノヒゲって、”蛇の髭”ってこと?......』
  おお、そうじゃ、そうじゃよ!!.....
  蛇とはヘビのことよのう......
『あれっ?......』
『おっちゃん、ヘビに髭って生えていたっけ?......』
  いや、ヘビには髭は生えておらんのう......
『そうでしょう!!.....』
『それじゃあ、”蛇の髭”って名前 おかしいでしょうに!!......』
  そう言われてみれば、確かにお前さんの言う通りじゃよ......
  しかし、お前さん、見かけに寄らず案外理屈っぽいのう......
  でも、お前さんが言っていることは正論じゃよ.....
  じつはのう、世の中にはお前さんみたいに”ジャノヒゲ”という名に異論を   唱えている人がおってのう、蛇に髭はおかしいから”龍の髭”にしろとい   う主張があったのじゃよ.....
  確かに、龍ならば髭があるし問題ないものなあ.....
  そこで、今では、植物図鑑ではジャノヒゲというネイミングの他に、”リュ   ウノヒゲとも言う”なんて但し書きが載っている図鑑もあるんじゃよ......
『ふ〜ん、なるほどね......』
『確かにリュウノヒゲの方が自然よね......』
『ところで、おっちゃん!! おっちゃんは髭は生やさないの?......』
  ああ、今のところ、生やす気はないがのう......
『そうでしょうねえ.......』
『ヒヨドリさんのサファイアじゃないけど、おっちゃんも髭なんか生やすガラ  じゃないものね.....』
  何じゃと!!?......

緑地公園・頭首工にて2016年11月16日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

     * セグロセキレイ 五態






    * キンクロハジロ 二題



      * オカヨシガモ 二題



      * オオバン 一題


★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク



『きれいな紅葉だなあ!!.......』
『きのうのヌルデの紅葉もすばらしかったが、このナンキンハゼの紅葉もヌル デに負けず劣らずのすばらしさだ!!......』
『バックの青空も今日は最高だね!!......』



『おやっ?.......』
『あのナンキンハゼには、実がいっぱいついてるよ!!.....』



『ほんとだ.....』
『地面にいくつか実が落ちてるけど、あの実って結構白っぽい色をしてるんだ ね......』


『ほんとだ!!......』
『随分と白い実だこと!!.......』


『お〜い、おっちゃ〜ん!!......』
『ナンキンハゼの実って、何であんなに白いの!!?......』
  おお、それはのう、あの白い部分は”ロウ”でできているからじゃよ.....
『”ロウ”!!?......』
『”ロウ”って、ロウソクのあの”ロウ”のこと?.....』
  おお、そうじゃよ.....
  昔は、あの実(種子)からロウを採取してたんじゃよ.....
『ええっ!!? それって、本当!!?.....』
  本当じゃとも!!.....
『そんじゃ、あの実に火をつけるとロウソクのように燃えるってこと?......』
  その通りじゃがな!!.....
『ほんとかな?..... おらっち、何だか信じられないなあ.....』
『おっちゃん、もしかして、おらっちをからかっている?.....』
  そんなこと あるもんか!!......
  わしは、これまで鳥さんを一度だってたぶらかしたことはないぞ!!.....
  よし、そんなに疑うのならこれから火をつけて実験をしてみるから、よ〜   く見ておれよ!!....



『ありゃりゃあ!!......』
『ほんとに燃え出した!!.....』
『しかも、あの火はロウソクの炎にそっくりじゃないか!!.....』
『こいつはびっくりだ!!.....』
『おっちゃんも、1年に一度くらいは ほんとのこと言うんだね......』
『おらっち、おっちゃんのこと、見直しちゃったよ!!....』
  何じゃと!!?......

松田にて2016年11月17日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

     * ハクセキレイ 七題






           *



     * ベニマシコ 九題










      * シジュウカラ 六題







      * ヤマガラ 二題



       * オシドリ 二題



★ 本日の ”おっさん”と”鳥さん”の愉快な ”トーク

(1)

  お〜い、ヤマガラちゃ〜ん!!......
  この木、何だかわかるか〜!!?......


『そんなの、イチョウに決まってるべな!!.....』
  当ったり〜!!.....

(2)

  そんじゃ、これは!!?......


『おっちゃん、もしかして、おらっちをバカにしてない?......』
  バカにするなんて......
  わしゃ、お前さんのことを尊敬はしても、絶対にバカにはしないっ      て!!......
『ほんと!!?.....』
  ほんとじゃとも!!.....
『それじゃ、答えるよ.....』
『これも、イチョウでしょ?......』
  おお、その通りじゃ......
  さすがは、ヤマガラちゃんだ......
  シジュウカラの空太郎とは、やはり出来が違うな.......
『そりゃ、そうだよ.....』
『空太郎とおらっちでは月とスッポンだもの!!....』
  空太郎が月でお前さんがスッポンか?....
『その反対だって!!.....』
  ところで、お前さん......
  二つのイチョウのうち、どっちが♂でどっちが♀だかわかるかい?.....


『えっ!!?......』
『イチョウに、♂と♀があったんだっけか!!?......』
  おお、そうじゃよ.....
  これは、人間の世界では常識じゃがな.....
『ふ〜ん、そうなんだ......』
  ううん?......
  あんれまあ、わしはてっきりヤマガラちゃんだと思ってたら、お前さんは   ジョビ男じゃないか!!.....
  いつの間に、ヤマガラちゃんとすり替ったのじゃ?.....
  まあ、いいわい......
  ヤマガラちゃんの代りに、ジョビ男、お前さんが答えてみい!!......


『ウ〜ン.....』
『よくわかんないけど........』
『多分(1)が♂で(2)が♀のような気がするけど.......』
  う〜ん、残念じゃのう!!.....
  その反対じゃがな......
(1)が♀で(2)が♂じゃよ......


『あら、そうだったの?......』
『あたいも てっきり(1)が♀で(2)が♂だと思ったけど.......』


『まったく、あいつらときたら、何にもわかっておらんのう......』
『イチョウの♂♀の見分け方なんか簡単だろうが!!......』
『枝振りを見れば、いいんだって!!......』
『枝が水平に近い状態で横に開いていたら♀!!.....』
『枝が上にすぼんでいるように見えたら♂!!.....』
『なあ、おっさん、そうだろう!!?......』
  はあ????.....
  こいつはたまげた!!.....
  いったい、お前さん、そんなことを誰に教わったのじゃ?......
『誰って.....』
『おっさん、学問の基本は独学だよ、独学!!.....』
  ふ〜ん、大したもんじゃのう......
  わしゃ、お前さんのことを見直したわい.....
  キーキーキーキーわめいてるだけじゃなかったんじゃのう....
『まあ、そういうことだな....』
『おっさんも、今度わからないことがあったら、オレ様のところに来いよ...』
『ラーメンのこと以外なら何なりと教えてやるからな.....』
  はあ????......