多々良沼及びその周辺にて2017年08月04日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”<確認種数:14種>

<モズ(幼鳥)>

★ 今日の ”お花さん”

<スイレン>
:いつ見ても気品ある美しさを感じさせるスイレンの花....
  日本でのスイレン属の野生種はヒツジグサ一種である......

<コウホネ>

      * オニバス 二題



           *

<ガガブタ>
;ガガとは”鏡”、ブタは”蓋”
   つまりガガブタは”鏡の蓋”の意だという......
  それにしても、奇妙な名前がつけられたものだ....

       * オモダカ 二題


(果実)
           *

<ヘラオモダカ>
;葉の形がヘラ型なので、ヘラ”面高.....
  もし、葉の形がスプーン型になっていれば、
  それは、サジ面高.....
  しかし、ここにはサジ面高は自生していない
  ちなみに、オモダカは”面高”で、葉が人面の形にみえるところから....

<ミズワラビ>

<キクモ>

<ヒロハノコウガイゼキショウ>

<カワジシャ>(群馬県 絶滅危惧II類)
;近年、外来種のオオカワジシャが
   在来の本種を駆逐する勢いで増えている.....

<タタラカンガレイ>
;本種と一般のカンガレイとの区別点の一つは
  茎の断面の稜が逆三角形になっているかどうかであるが
  同定はなかなか難しい......

<サンカクイ>

<フトイ>

<マツカサススキ>

<スズメウリ>

<イヌゴマ>

<オランダハッカ(セイヨウハッカ)>

<コシロネ>
;シロネには、シロネ、コシロネ、ヒメシロネ、エゾシロネがある
  ”ヒメ”と”エゾ”は、山間の湿地で見られる.....

<シマスズメノヒエ>
:葯が黄色であれば、ただのスズメノヒエ......

<チャガヤツリ>

<オグルマ>

<カントウヨメナ>

<コバギボウシ>

<コヒルガオ>

<ナツズイセン>
;スイセンと名が付いているが、本種はヒガンバナの仲間
  
<イヌホオズキ>

<アメリカイヌホオズキ>

<ミソハギ>

★ 今日の ”トンボさん”<確認種数:9種>

<ショウジョウトンボ>

<シオカラトンボ>

<ウスバキトンボ>

<チョウトンボ>

<コシアキトンボ>

<コフキトンボ>

<ギンヤンマ>

     * イトトンボ類 三題

<アオモンイトトンボ>

<セスジイトトンボ(♀)>

<セスジイトトンボ(♂+♀)>

★ 今日の ”ちょうちょうさん”<確認種数:7種>

<キタテハ>

<ベニシジミ>

<ヤマトシジミ>