遊水地&トンボ池&調節池にて2017年10月03日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

      * 秋の光のなかで.....

<モズ>

<ホオジロ>
      * と或る沼地にて

<オオバン>

<バン(幼鳥)>

<マガモ(換羽中)>

       * ツルシギ 三態




    * コアオアシシギ 四題





      * エリマキシギ 三態




★ 今日の ”お花さん”

      * ゴキヅル 五題

(果実)
(果実と花)
(果実)
(果実と種子)
(種子)

群馬県:絶滅危惧II

 ゴキヅルとは奇妙な名前であるが、漢字で表記すると”合器蔓”となる...
 ”合器(ごき)”とは”蓋つきのお椀”のことである....
 ここまで説明すれば、この植物に何故”ゴキヅル”の名前が与えられたかもう  おわかりになったでしょう....
 そうです、この植物の果実は”蓋つきのお椀”に似ているのです。
 果実が秋になって熟すと、果実の上部が割れて(お椀の蓋が外れて)、中か  ら種子が落下する仕組みになっているわけです。
 植物は、種子を散布するために、じつに様々な戦略を用いていますが、ゴキ  ヅルという植物はこんな方法で、種子を地面にばらまいているのです。
 じつに面白いですね......


 注:これは、上のゴキヅルに似ていますが、ゴキヅルではありません。
   スズメウリという植物の果実です....
   果実の大きいカラスウリに対して、本種の果実はそれより小さいという    ことでスズメウリと命名されたとか.....

<サクラタデ>

<イシミカワ>

<タカアザミ>

<ヒメジソ>

★ 今日の ”トンボさん”

<ショウジョウトンボ>

<アキアカネ>

<チョウトンボ>

      * イトトンボ 三題

<ベニイトトンボ>
 今日はとりあえず三頭確認することができた
 恐らく、今日が今シーズン最後の観察になると思うが、来年も是非この沼地  にて 今や希少種となってしまった本種を一頭でも多く確認したいものであ  る.....

群馬県:絶滅危惧I



<アオイトトンボ>

<アオモンイトトンボ>

群馬県:準絶滅危惧

館林にて2017年10月04日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”
     * カッコウ(幼鳥)二態



注:沼の対岸の雑木に止まっていた個体
  距離が遠過ぎて、130倍の倍率で辛うじて撮ったボケ画像だが.....

      * シギ 五題

<ツルシギ>

<タカブシギ>

<エリマキシギ>

<オグロシギ>

<コアオアシシギ>

★ 今日の ”お花さん”

<マメアサガオ>

<ミゾソバ>

<ケナガボノシロワレモコウ>

<マルバアメリカアサガオ>

<ガガブタ>

<ヤナギタデ>
 ”真タデ(マタデ)”あるいは”本タデ(ホンタデ)”ともよばれる
 鮎の塩焼きに添えられる”蓼酢”は本種の葉をすりつぶし、
   酢でのばしたものである
 本種の葉には辛みがあり、葉を噛むとかなり強い辛みを感じる

<シロバナセンダングサ>

<アキノノゲシ>

<ノブドウ>
 ”ブドウ”の名が付いているが、本種は食用にはならない
 同じ野生のブドウでも、エビヅルやヤマブドウなどは食べられる

★ 今日の ”トンボさん”

<チョウトンボ>

<アキアカネ>

     * アジアイトトンボ 二題

(♂)
(♀)

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

     * ウラナミシジミ 四題

(正面)
(翅裏)
(翅表)
(交尾中)
     * ヤマトシジミ 二題

(翅裏)
(翅表)
           *

<コミスジ>

<コムラサキ>

金山にて2017年10月05日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

      * コサメビタキ 二題



      * エゾビタキ 二題



 ここにあるアカメガシワは まだ 実がたっぷりと残っている.....
 ということは、これからもしばらくはこの場所にコサメやエゾがやって来る  ということだ....
 それにしても、彼らはアカメの実が好きだ.....
 この時季、アカメの実は彼らの絶好の食料になっているようだ....
 確かに、このアカメガシワの木は数が多い上に、実には脂肪分が多量に含ま  れているので、この時季長距離の移動をする彼らにとっては格好のエネル  ギー源になっていることだろう.....
 ちなみにアカメガシワはパイオニアツリーともとばれ、伐採などで日光が地  面に当たるようになると地中に眠っていた種子が一斉に目を覚まし、発芽  を開始する。生長も早いので山野の至る所で比較的容易に目に付く木であ   る......
       * ビンズイ 二題



★ 今日の ”お花さん”

<ミゾソバ>
 この花を眺めていた四、五人のオバチャン集団の一人が、この植物のことを
  ”赤ソバ”と言って皆に紹介していたが、その表現たるや じつに言い得て妙    だと思った.....
  しかし、そのオバチャン、ソバの花の色が白であることを知っていたか    どうかまでは定かでなかった.....

<ノハラアザミ>

<カシワバハグマ>
 日本特産種

<オクモミジハグマ>
 オクモミジハグマの母種はモミジハグマであるが、モミジハグマの分布域は  主に西日本で、東日本にはないとされていたが、近年赤城山で見つかっ   た。
 かつて、私も赤城山でその個体を確認したが、果たして今はどうなっている  か.....

<シラヤマギク>

<キバナアキギリ>

<ベニバナボロギク>
 アフリカ原産の植物であるが、この植物の葉っぱをお浸しなどにして食べる  と けっこう美味いらしい...
  この花を見る度に食べてみようかと思うのだが、なかなか手が出ない....

<ガマズミ>

<オトコヨウゾメ>
 ”ヨウゾメ”とはガマズミの古名
  つまり、昔はガマズミのことをヨウゾメとよんでいたらしい.....
 問題は、なぜヨウゾメの前にオトコがついているかだ....
 それは、ガマズミは美味だけど、本種の実は苦くて食えないから”オトコ”な  んだとか....
 実が苦くて食えなければ何故オトコなのか、全く意味不明だが、
 要するに、オトコという生き物は昔から食い物にならなかったいうことなの  か!!?.....
 そう言われてしまえば、オトコである私には一言もありませんがのう....

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

    * アサギマダラ 二題




 渡りをするのは鳥だけではない。
 蝶のなかにも海を渡って故郷に帰る蝶がいるのだ。
 それが、このアサギマダラとよばれている蝶だ。
 その名は、あまりにも有名だ。
 今日は、我が家の裏庭で朝一頭見つけたのを手始めに、金山の山麓で4頭も  見つけてしまった。
 今が、彼らの渡りの真っ最中なのかもしれない.....
 無事渡り切って彼らの生まれ故郷に到着してほしいものである.....

西長岡にて2017年10月06日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”<確認種数:21種>

<カケス>
 今シーズン、初撮り....
 さてさて、この異常な程に警戒心の強いカケスさん、今シーズンは春までに  何回撮らせてもらえるのでしょうか....

<モズ>
 目下、陣取り合戦の真っ最中......
 まだまだ決着はついていないようである.....

<ヒヨドリ>

       * ノビタキ 二題



 毎年この時季になると会いたくなるのが、ノビタキとエゾビタキ......
 ということで、今日はノビタキさんを訪ねて一歩き....
 運良く出会えたまではよかったが、距離が少し遠かった.....

★ 今日の ”お花さん”

<オニノゲシ>

<イヌホオズキ>

<カントウヨメナ>
 ヨメナは西日本、カントウヨメナは東日本に、それぞれ分布している....

       * タデ 三題

<ヤナギタデ>

<イヌタデ>
 ヤナギタデは別名マダテやホンタデともよばれ、蓼酢や刺身のツマとして
  利用されてきたが、本種はヤナギタデとは違い、食用としての利用価値の  ないタデである。
 つまり、本種は人間様の役には立たないタデということで、イヌの名が付け  られてしまったようである。
 考えてみれば哀れなタデである......

<ニオイタデ>

       * 果実 五題

<ハナミズキ>
 花良し、実良し、名前良し、と言いたいところだが、英名の”Dog wood”
  は頂けない....
 それにくらべて、和名の”花水木”.....
 何と素敵な名前でしょう!!.....

<エゴ>
 果実には有毒なエゴサポニンが含まれているので 鳥は食べない。
 しかし、例外的にヤマガラだけはこの果実を好んで食べる。
 ヤマガラが食べる部分は、正確には種子であるが、
  種子は、脂肪分が多い上にサポニンの含有量が少ないので、体に害を     及ぼすことはない....

<ムクロジ>
 皮を剥くと、中に黒い種子がある。
 この堅くて黒い種子は、”羽根突き”の珠として利用されてきた.....

<カラスウリ>
 根っこから抽出されたデンプンは王瓜粉(おうかふん)とよばれ
  天瓜粉(てんかふん)の代用としてベビーパウダーに利用されてきた.....
 ちなみに、天瓜粉はキカラスウリのデンプンである。

<シロミノコムラサキ>
 本種はコムラサキの変種でコシロシキブともよばれている.....

西長岡&渡良瀬2017年10月07日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

       * ノビタキ 三題





        * イカル 二態



       * ノスリ 二態



      * チョウゲンボウ 三態




       * タシギ 三題




        * バン 二態



★ 今日の ”お花さん”

<コシオガマ>
 昨年は、いつもの場所で一株も確認出来なかったので、渡良瀬産コシオガマ  はついに絶滅したかと思っていた矢先の今日の発見だった....
 株数が少ないので、今後どうなるかわからないが、細々とでもいいから生き  残ってほしいと思う......

<イヌザンショウ>
 サンショウはサンショウでもイヌがついているから、このサンショウは食用  としての利用価値がないということだ.....
 本種は 本物のサンショウ(ホンザンショウ)に比べると香りが全然違う。
 ホンザンショウのような爽やかな香りがなく、どちらかというと悪臭に近い  嫌みな香りがする。
 一般に、植物の名前に、イヌとかキツネとかの動物名がついているものは、  たいてい”まがい物”とか”人の役にたたない”植物であることが多い。

<カマツカ>
 カマツカを漢字で表すと、”鎌柄”になる...
 本種の材は粘り強いので鎌などの農機具の柄として利用されてきた....

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

<クロコノマチョウ>
 かつては、西日本の地域でしか見られなかったチョウだが、今や、この近辺  でも比較的頻繁に観察されるようになってきた。
 確かなことはわからないが、一因として温暖化の影響が考えられる.....

<ウラナミシジミ>

★ 今日の ”トンボさん”

     * ミヤマアカネ 二題



 穏やかな秋の日差しを浴びて飛んでいるトンボたち.....
 この長閑な光景を眺められるのも後僅かになってしまった.....
 これから、日を追うごと寒くなるごとにトンボの数が減っていくことだろ   う......

と或る水場にて2017年10月10日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

<コルリ(♀)>

<メジロ>

<カケス>

<ヤマガラ>

<イカル>

<ヒヨドリ>

<キセキレイ>

<ガビチョウ>

<キジバト>

<ウグイス>

<シジュウカラ>

<モズ>

<エナガ>

<オシドリ>
備考:時季的にはまだ早いと思ったが、例の水場がどうなっているのか気にな   ったので 様子見がてら 今シーズン第一回目の観察を実施してみた....
        案の定、周囲の木々はまだまだ葉っぱが多く、水場は至って暗い..... 
   ”これでは ピントも合わないだろうなあ” などと考えながらも しばしの   間 水場の様子を観察してみることにした。
   結果的にはウグイス、メジロ、シジュウカラなど昨年からの常連さん    に加えて新顔のコルリやオシドリなども観察され、合計14種の鳥を確認   することが出来できたのだが......
   それにしても 今日のオシドリの出現には唖然としてしまった。
   まさか、オシドリがこんなところに顔を出すなんて、夢にも考えていな   かったので、姿を見た時は一瞬面食らってしまった。
   それでも、とにかく、”証拠の一枚を”と思って慌ててシャッターを切っ   たが、唯でさえ警戒心の強いオシドリだ、向こうさんも即私に気づき、   あっという間に逃げ去ってしまった....
   まさに シャッター一回きりの瞬間的な出会いであった.....

★ 今日の ”おまけ”

<ノビタキ>
 渡良瀬産のノビタキです。
 本日やっと、三羽確認出来ました.....

緑地公園2017年10月17日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

       * イカル 二題



 ここのところ、30~40羽のイカルの群れが頻繁に飛来して、
  公園内のムクノキやエノキ、カエデなどの果実を盛んに啄んでいる.....

      * オオルリ(若鳥) 二態



       * エナガ 三題




       * コゲラ 二態



★ 今日の ”お花さん”

<マユミ(果実)>
 マユミは漢字で表すと”真弓”と書く。
 かつて、本種の材で弓を作ったことによる命名である。
 種子には強い毒成分が含まれているので食べてはいけない。

<コマユミ>
 本種はニシキギの品種で、性質はニシキギそのものである。
 枝にコルク質の”翼”があるものをニシキギ、”翼”のないものをコマユミとよ  んでいる.....
 秋になると、葉が真っ赤に紅葉し大変美しい.....

<ニシキギ>

<ヌルデ>
 果実の表面に白い粉が表れる。
 これはリンゴ酸カルシウムの結晶で、舐めると塩っぱい。
 このため、かつては塩の代用として利用された....
 別名、”ショッペ、ショッペの木”

<ノコンギク>

<ウシハコベ>

★ 今日の ”トンボさん”

       * ”赤とんぼ” 三題

<ミヤマアカネ>

<コノシメトンボ>

<アキアカネ>

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

      * ヤマトシジミ 二題



緑地公園にて2017年10月18日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

       * イカル 四題





 今日も、公園内のムクノキやエノキ、ハリエンジュなどの木の上から
  キョッ、キョッ、キョッとたくさんのイカルの声が聞こえていた......
 
       * アトリ 六題







 冬鳥たちの先陣を切って、先ずはアトリさんのご飛来です.....

       * ビンズイ 三態




 アオジと思ったら、ビンズイさんでした。
  今季、緑地ではお初です.....

    * セグロセキレイ 二態



       * モズ 二態



     * エゾビタキ 一題


 まだ、ぽつり、ぽつりと姿を見せています......

★ 今日の ”お花さん”

       * 実りの秋

<オニグルミ>

<アキグミ>
 酸っぱい上に苦みも加わり、とても生食できたものではありません。
 でも、果実酒には十分利用出来ますので、
果実酒がお好きな方はどうぞお早  めにお求め下さいませませ......

   * 青いウリ、赤いウリ、小さなウリ...

<カラスウリ(未成熟)>

<カラスウリ(成熟)>

<スズメウリ>

  * 美味い実、不味い実、食えない実.....

<ムクノキ>
種子はケイ酸質で超硬いが、果肉は糖分たっぷりの甘い味.....

 <エノキ>
 甘くも苦くもないが、お世辞にも美味いとは言えない味.....

<ノブドウ>
 ブドウの名がついているが、こいつは食えないブドウです。
  でも、水彩画を描く趣味のある人は、静物画にはもってこいの素材になり  ますよ....

<アメリカネナシカズラの果実>
 こいつは、食えるかどうか、あっしにはわっかりません!!.....
 どなたか、こいつを試食したことのある方がおりましたら、味の如何を是非  とも当方までお知らせくださいませませ.....


     * 今日は春かしら?.....
  ( いえいえ、ちゃんと秋の花が咲いてます..... )

<セイヨウタンポポ>

<ホトケノザ>

<スミレ>

      * 秋の花 一題

<セイタカアワダチソウ>

★ 今日の ”トンボさん”

<ミヤマアカネ>
『ねえ、ねえ、あなた.... あたしちょっと疲れたわ!!.....
   一休みしてから、また続けましょうよ!!.....』

<アキアカネ>

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

     * アサギマダラ 三態




 これから、海を渡って沖縄方面まで飛んで行くのだろうか......
  そういえば、今日はわしの孫達も沖縄に向かって旅立ったが......

    * ウラギンシジミ 二題

(♂)
(♀)

       * キタテハ 一題


市民ひろば(桐生)& 緑地公園にて2017年10月27日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

      * キビタキ 六態







 サンショウの実をついばみにきた♂のキビタキ......
 この時季、キビタキは脂肪分の多いアカメガシワや
  サンショウの実を好んで食する....

       * クロジ 四態





 今季クロジを観察したのは、今日で二度目.....
 シーズン中もそんなに頻繁に観察出来る種類ではないので、
  今日は幸運な出会いとなった.....

       * アオジ 四態





 今年もあちこちの薮の中からアオジの地鳴きが聞こえるようになってきた.....
 緑地公園に冬鳥たちが出揃うのももうすぐだ.....

    * ジョウビタキ 二題



 11月を目前にして、ジョウビタキの個体数が一気に増えたようだ.....
 これから日を重ねるごとに追いつ追われつの熾烈な陣取り合戦が繰り広げら  れることになるだろう.....

      * キセキレイ 四態





★ 今日の ”お花さん”

<マユミ>

<ツルウメモドキ>

<ノイバラ>

★ 今日の ”ちょうちょうさん”

<アカタテハ>

<クロコノマチョウ>

★ 今日の ”トンボさん”

<マユタテアカネ>

<ミヤマアカネ>

<オオアオイトトンボ>

と或る水場にて2017年10月30日

★ 今日の ”風景画”


★ 今日の”鳥さん”

       * シロハラ 二態



       * キビタキ 二態



        * シメ 二態



 まさか、同じ水場で夏鳥と冬鳥が同時に観察されるとは......
 この時季ならではの滅多に見られない取り合わせである.....